スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みようとしないとみえない

友達の絵本作家が
遊びに来た時に、
子ども連れてきたのね

その子が

『この家、
面白いね、
庭に三匹妖精いるよ』

って話してくれて

ママに聞いたら
小さい頃から
そういうの、
見える子どもなんだって。

僕は、びっくりしたの。
なにに、
びっくりって、
妖精って、
練馬区に
いるんだってのが
1番びっくりしたの。笑

北欧にしか
いないと
思ってたから。

いや、なんとなく
イメージでさ。笑

僕、衝撃で。

うちの庭の妖精の
絵もかいてもらったんだけど
どうかんがえても
みながらかいてるのね
(*_*)

それで
『妖精って
どうやって
みるの?』って聞いたら

『そんなの
まばたきするくらい
カンタンだよ』と
教えてくれた。

僕は、
どうしてもみたい!
と思ったの。

それでそれから半年、
妖精のいそうな
パワースポットに
いきまくって、

ジーって見てたのね、

かなりヘンだったと
思うよ
大人が妖精みようと
してんだから。笑

そしたら
鎌倉の報国寺で
初めて見えて。
はなしかけてきたんだよ

『おいらのこと
見えるのか?』

って。
アマガエルくらいの
サイズだった。

透明なんだよ、
気の塊のような
ものなんだろうな、

僕は、
絵本作家だから、
こういうの、
勝手に作ってるかもしれないなと、
怪しみながら

話をしたの。

頭の左後ろで話すんだよ

テレパシーみたいに。

『おいら、
カメラキライさ』

って言ってて

『なんで?』

『だっておいらが
うつらないだろう?
うつらないと
いないってことに
なるじゃないか
でも、おいら、
いるだろう』って。

その時、
僕は、
確信して。

これは、
僕が作ったんじゃなく
妖精が話してるんだ、

と思ったの。

なぜなら
妖精目線の話だから。

実は、かなり
長く妖精と話して、

あたし、ようせいにあいたい!

という絵本にもした。

妖精によると
生きた自然には、
妖精がつくらしい。
木だったら
木、葉っぱ、
花、一つ一つに
わかれている。

妖精と話していて
思ったのは、
みんなが褒めあってる
ということ。

けなしたりしない。

あと、
報国寺の妖精は、
よく話す。(*^_^*)

これは、
信じなくても
全然かまわない。

妖精に聞いたら
人間の数より
妖精の方が多いそうだ

僕は、
僕の世界の枠が
広がった気がした。

この話は、
実は、だいぶ長い話に
なるので
また、書こう。

興味のある人だけ
読んだらいいさ。(*^_^*)

ただ、ようせいに

『なんで
みえる人と
みえない人がいるの?』
って聞いたら、

『みようとしないから
みえないのさ』と言っていた

全ては、
みようとしないからみえない

幸せも、
優しさも
妖精も

あなたが
みようとしないから
みえないことが
この世界には、
たくさんあるんだよ。(*^_^*)


のぶみ論6/1000
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

講演会おもしろかったです!

今日、小山で講演会を聞いた者です。とても面白く、型にはまらないのぶみさんの価値観が痛快でした。こういう生き方もあるのね、と感じうちのチビ太(5歳と1歳)にも心のままに生きてほしいという思いが一層強まりました。

それと、

妖精の話がものすごく気になりました!

昨年家を建て、庭はまだほとんど手つかずでどうしたいか迷っていたのですが、最近になって雑木の庭にしたいという思いが生まれてきたのです。
雑木林を壊して分譲された土地だったので、わずかにでも再生できれば…という気持ちがありましたが、更には妖精が喜んでくれるような庭にしたいという思いも新たに生まれました。
偶然にも入居した当初からくぬぎの木が一本だけ順調に育ってくれてます。子供とはトトロのどんぐりだと話していましたが、そうか本当にそうなのかもしれないとこれもうれしくなりました。

真の文明は山を荒らさず、川を荒らさず、村を破らず、人を殺さず…

という田中正造の言葉にもこの夏出会いました。そんな意味で今年はいい考え方、価値観に出会えたラッキーな年です!
のぶみさんとこの機会を与えてくださったものに感謝!

これからも絵本作りに頑張ってください!
ありがとうございました。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。