スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもたちのハグ。

ようやく
ワークショップ終わり
羽田空港へ。(^^)
今回は、スタッフに
本当助けられたや。
ちゃおの
皆さんは、
本当、子どもと
やるのが上手。(*^_^*)
本当全国の
保育士と、
幼稚園教諭と
これからは、
ワークショップやったり
絵本を作りの
アドバイスをいただきたいくらい。

始まる前に
スタッフに
こんな話をした。

僕のワークショップは、
僕が
なにかをするって
わけじゃないんです。
僕をみてくれ、
とかさ
そんな感じじゃない。

子どもが主人公なんです。

僕の絵本も全てそう。

僕の作品をみてくれ
ってものは、
一つもない。

子どもが
主人公になれるように、
僕は、サポート役なんだよ

自然栽培してる人に話を聞くと、
自然栽培は、
雑草も生えたままにするし、
水もギリギリまであげない。

でも、人間がなにもしないかって
言うと、
そうじゃない。
人間も手を加えるのは、
人間も自然の一部だから。

子育てもそうで、
子どもの邪魔をせず、
生き生きするように、
ほんの少しだけ手を加えるのが
いいんじゃないか。

このワークショップも
あれダメじゃなく
幼稚園でも
家庭でも、
やれないことを
子どもにやらせたいんです。

最後に
子どもに
ハグ一人一人にすると、
子どもから
ハグさせてと
僕にくる。

僕は、汗で
シャツぐしゃぐしゃ。

気持ち悪くないかな、
なんて
僕が思ってるのを
吹っ飛ばすくらい、
子どもたちは、
ぎゅうとハグする。

僕は、ハグするとき、
世界一、
この子が幸せであれ!
って祈る。

でも、
子どもは、
理屈抜きで、
僕にぎゅうってしがみついて
面白かった!
って目をキラキラさせるんだ。

僕は、やはり絵本作家が好きだ。

僕は、僕が
好きな子どもが
幸せであるように、
絵本書きたいや。

僕は、絵本作家で
よかった。

毎回思う。

子どもの
目がキラキラするように、
神様のお手伝いができますように、

これからも絵本書きたい。(^^)

スポンサーサイト

コメント

お疲れ様でした

長男は何度も「今日はすっごく楽しかった!」と言っていました。
次男はかたことで「かいじゅう、こわい、ぎゃあお」とお話してくれました。
私達夫婦も、夢中になってはしゃぐ子供達を見る事が出来てとても幸せでした。
来年も是非札幌にいらしてくださいね。
これから産まれる三人目の子供にも、のぶみさんの絵本を読み聞かせて育てます(^^)

No title

札幌ワークショップ2年連続参加しました!
今年は幼稚園のお友達も誘ってみんなで楽しく過ごせて良かったです。
去年は泣いていた遊びも、今年は自分から飛び込んでいて、息子の成長を感じました。
絵本にお誕生日おめでとうのメッセージを書いていただきありがとうございました!
またぜひ札幌へ来てください♪

No title

2年続けてきていただき、のぶみさんの子どもが主人公のワークショップに感激しています!本当にありがとうございました。ひとり、ひとりに関わり、驚いたり、うなづいたり、わらったり、そんなのぶみさんのまわりに
は、たくさんのこどもたち!!スタッフもみんな温かい気持ちになりました。(歳には、かてませんが・・(;・∀・)まだまだがんばりたいです!!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。