スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本作家になる前。1

どうやって絵本作家に
なったんですか?
って毎回聞かれるから
ここにも書こう

僕が絵本作家になろうと
決めたのは、
絵本で賞をとってから。
詳しくは、
自分ルールでいこう!
(角川書店)を読んでね。

絵本作家になろうと
思ったって
急になれるわけじゃない、

どうしたら
なれるかなと思ったのだ、
そのためには、
まず絵本を読まなくちゃ
と思った、

それで近所の
滝王子図書館に行って
絵本を6000冊
読み始めたのだ、

なんで6000冊って
わかったかと言うと
絵本、6000冊
ありますって
デカデカと
書いてあったからね(笑)
それをするときに
気をつけたのは、
自分の好みで
読まないこと。
自分の好みで読むと
偏るじゃない、
僕は、絵本の世界を
しりたかったから
あ行から全部読んだの。
もちろん
めんどくさかったよ~(笑)

でも、やっぱり
面白いのが見つかるのだ。
そういうのがあると
文章を骨組みにして
どういうパターンなのかを
頭に入れる、
家に帰ったら
そのパターンで
絵本を書いてみるのだ。

絵本っていっても
全てシャーペン画ね、(笑)

sketchっていう
画用紙の
300円のを
買ってきて
ガンガン書いて
製本テープで止める、
子どもが百マス計算
やるみたいに
1日に五作書くときも
あったよ、
この日記みたいにね

それをうちの
奥さんに見せてたのよ、
『毎日よく書けるね』って
言われたのも
はりきった
原因かもね、(笑)

100作たまったら
目次とか作ったり
自分の絵本を入れる
本箱作ったり、

絵本作家になったら
成功
じゃなくて
経過も成功に
したかったんだ、

それは、今でも
ホントそうだよなと思う、

ちなみに
絵本で賞をとっても
絵本作家になれなかった、
そういう賞だったのね、

でも、やっぱり
僕は、絵本読んだり
絵本たくさん書いたりして
絵本の体力が
ついたと思うよ、

こんなことを
二年間やってた。
二年間で
専門学校卒業だから
それまでに
デビューしようと
思ったのだ、

叶ったよ
才能で?
簡単に?
そうじゃないの、
わかるかな、(笑)
超絵がヘタだったからね、

ちなみに今でも
書店にいくと
ずっと読んじゃう、
もう、クセだよね、


これから先は、
持ち込み編。
それは、また、
次のお話で。

( ̄∀ ̄)
スポンサーサイト

コメント

初めまして

のぶみさんの「あかちゃんおうさま」をテレビでたまたま観てファンになりました。
このブログ見つけて嬉しかったです。
絵本は独学されたんですね。凄い努力家さんで愛妻家さんですねっ。素敵です。のぶみさんのいろんな作品を読んでみたくなりました。
因みに私も今日からブログ始めてみましたが、どうしていいかわかりませ~ん。
これからもブログ楽しみにしてます。
応援してます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。