スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やなせたかしさんが亡くなられた。


やなせたかしさんが亡くなられて(;_;)
僕は、何度もお会いさせて頂いて、
対談もさせて頂いたんですが、
本当に優しくて。
エネルギーの塊のような人だったー
そして、人になにか、与えようと、
一生懸命な人でした、m(_ _)m
毎年、1000人を越すパーティも
高知のアンパンマンミュージアムも、
すべて、やなせたかしさんがだし、
地方のキャラクターも無償で、
提供。
神様は、やなせたかしさんが好きだったろうな、
僕の夢が、絵本からの、
30分アニメを放送したいのも、
やなせたかしさんのアンパンマンが、
唯一、絵本からの30分アニメだからだ。
僕は、絵本からの、30分アニメを放送して、
やなせたかしさんに見せたかったから、
亡くなられたと聞いて、
ショックだった、
m(_ _)m
あんなに、子どもに、
愛することを作品に込めた人、
いないだろうな、
子どもがアンパンマンが好きなのは、
子どもたちのために、
作ったものだからって、わかるからだ。

やなせたかしさんは、
アンパンマンの歌詞にあるとおり、
子どもに本気で向かう。

子ども向けにしないんだ、

僕は、日本の絵本作家の中で、
1番尊敬してやまない人。

なんだか、
力が抜けて、たまらない、

僕に、やなせたかしさんが、
最後にいってくれたのは、
しんかんくんは、面白いね、
新幹線がうちにくる話を作れるのは、
君だけだよ、
君らしく、
やればいい、

僕なんかよりずっと君の方が才能あるんだから。

会うたびにそう言ってくれた、
(;_;)

やなせたかしさんが、
天に召されて、
その心を引き継いで、
僕がこれから、
さらに、子どもを愛する絵本を書きたい。

いつか、やなせたかしさんに、
よくやった、
面白いよ、って言われるように。

祈りをこめたい、

なんか、本当、
聞いて、
フラフラだ。

名作を描く先輩がどんどん亡くなられる。

一生懸命に生きよう。

一生懸命に。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。