スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本作家のぶみヒストリー

20100129183626
20100129183623
2月にでる
ぼく、仮面ライダーになる!
で、ちょうど
百冊目だ、


でも、百冊
全部売れてるわけない、
実は、一割しか
売れてないのだ、


僕は、21歳のときに
一冊目
ぼくとなべお(講談社)が
売れて
NHKおかあさんといっしょで
アニメぼくのともだちをやって
すいはんきくんや
れいぞーこくんが
人気になった、

グッズを300種類だして
KDDのCM、

JR東日本の
広告で山手線を
ぼくのキャラクターで
いっぱいにしたり
連載も9誌やっていた、
でも、そのあとが
大変だ、
(^_^;)

グッズが売れなくなり、
連載が全て人気がでず、
本もぼくとなべお以外
売れなかった、

それから、
また、1から持ち込みを
始めたんだけど
一冊目から
なんと
69冊出すまで
絵本の増刷が
かからなかった、
全然、売れなかったんだ、

悔しくて
ぐったりしてると
勘太郎がやってきて、
僕にしんかんせんの
おもちゃを
ハイって
渡してくれた、

勘太郎は、
しんかんせんが
大好きだった、

特に新潟にいく、
上越新幹線
Maxやまびこが
大好きだった、

それを見て、
どうせ絵本が
売れないんなら
勘太郎のために
絵本をかいてやろうと
思ったのだ、

これで売れなかったら
絵本やめてやろうとまで
思って、
何回も書き直して
勘太郎に見せる、

そうして、
70冊目で
ようやくベストセラーの
しんかんくんうちにくる、が
できた、

よく考えると
一冊目は、
うちの奥さんに
向けて書いた絵本だった、

なんで気が
つかなかったんだろう

誰かのためにやるから
愛があるんだ、

その愛に人は、
感動するんだよな、

70冊だすまでに
7年かかった、

7年わかんなかったんだ、

オレをみてくれ、
オレをみてくれじゃ
誰もみてくれなかったのに
誰かのためにかいたら
みてもらえた、

ホント簡単なことだけど
心に刻むには、
7年必要だったのかもしれない、
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。