スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向き合えば伝わる

昨日は、
勘太郎の担任の先生が
初めて怒ったって
話を勘太郎がしてた、

勘太郎のことを
入学式の次の日に
叩いて
席がえをして
先生の近くになった子は、
やっぱり
周りの子を
叩くのは、やめられず、

ついに休み時間に
木の棒を持って
叩こうとしたんだって。

そしたら先生
めちゃくちゃ怒って。

『手でケンカするのは、
いいけど
なにか持ってケンカするのは、
ダメ!』
って言ったらしい。

勘太郎もみんなも
それを見てものすごい
印象的だったらしく、
先生を尊敬してた、

どうしても叩いて
しまう子には、
プリント集める当番や
先生のお手伝いを
毎日してるみたい、

先生は、お手伝いをすると
スゴい誉めるので
その子も喜んでる。

先生が一生懸命
子どもに向いてるのがわかる、

子どもにも
それが伝わってる、

勘太郎と遊んでる時に
パパの前にサインの列が
できてしまったことがあった、

近所の仮面ライダー祭に
行った時に
僕の
『ぼく、仮面ライダーになる!』
シリーズが
おいてあり、
書店の人が
あの人が作者ですよ、
と教えてたからだ、

そしたら、勘太郎は、
ものすごい怒った、

今日は、仕事なしで
パパと一緒に
遊んでるのに、

なんで、
サインするんだ!

サインしてる間も
ずっと怒っていた、

だから、終わった後に

勘太郎と一生懸命
向き合って話をした、

パパと勘太郎の日に
サインに時間とったのは、
パパが悪かった、

でも、
サインしてるときに
勘太郎が
もうやめろ!だとか
悪いこと言ってたら

ファンの人は、
勘太郎が
甘やかされて育った
悪い子なんだ、

と思うよ、

パパは、
勘太郎が大好きだから、
勘太郎が悪い子だって
みんなに思われるのは、
絶対イヤなんだよ、

ホントに男二人で
僕は、
涙をポロポロ流しながら
一生懸命伝えた、

そしたら、
勘太郎は、ビックリして

『もういーよ』と言うと
パパにくっついて
遊んでくれた、

それからは、
サインするときは、
勘太郎に断ってから
するようにしてる

子どもは、
自分をどれだけ
見てくれてるのか、

自分をどれだけ
好きなのか
知りたくなるときがある、

親の方も一生懸命
伝えれば
言葉は、わかんなくても

表情や声で
なんとなくわかる、

伝わらないと思わず
一生懸命
伝えよう、

必ず伝わるから。
(^_^)v
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。