スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本作家になった頃

20100124223136
20100124223133
18の頃、
保育士の専門学校に
入った時、
保育士の授業に向いてない、
というか、
漢字や、
イスに座って
誰かの話を聞くことすら
難しかった、

それというのも
僕は、
小学校の時
いじめられていて、
中学の時、
不登校、
高校の頃
池袋連合という
チーマーの
総長をやっていて、
勉強をまるで
していなかったからだ。

詳しくは、
『自分ルールでいこう!』
(角川書店)

全くわかんない
勉強をするのは、
2日で飽きて
もう、
学校をやめようと
思った時に
クラスのスミに
メガネをとると
あの子可愛いんだよと
言われている子がいた、

その子を見に行くと
確かに
メガネをとると
可愛い感じがしたので
メガネとって
と言うと、
目の大きいこと
僕は、自分が
目が細いので
目の大きい子に弱いのだ、

すぐに好きになって話すと
全然話が
あわない、
もう、これでもかってくらい、
(^_^;)
その子は、
箱入り娘で超
真面目な子、
僕は、周りに
犯罪者だらけの男

さらにそいつらを
取り仕切る男(笑)

話があうわけない。

でも、その女の子が
『絵本がすきなんだ』

といった、

僕は、絵本が
好きなわけでもなく、
絵も書いてないのに、
とりあえず

『絵本?なになに、
気が合うじゃん
オレ絵本だったら
書いてるよ』

と言ってしまった(笑)

でも、その嘘を
僕は、ホントに
してやろうと思った、

すぐに
文具店に行って、
画材テキトーに買って、

家に帰るまで
どんな絵本を書こうか
考えた、

家に帰るまでに
だいたい話ができて
それから、
飯食って、
アドリブで絵本を
書き始めた、

そしたら、
なんかよくわかんないけど
できた、

こびとのはなしって
絵本だ、

その話を
次の日見せると、
面白い、面白いって
言うから
それから、
毎日、書きまくった、

それで300作
絵本がたまった時に
おかあさんと
いっしょという番組の
アニメでデビューしたのだ。

すいはんきくんや
れいぞーこくんが
人気になった、

そして、
そのメガネの女の子には、

今でも僕の絵本を
一番に
読んで貰っている、


なぜなら、












僕の奥さんになったからだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。