スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新刊『上を向いて歩こう』について。


7月29日発売の
新刊エッセイマンガ
『上を向いて歩こう』(講談社)のぶみ

この話は、
震災二週間後に
宮城県石巻市に
行ってきた話。

直後なので
めちゃくちゃな状況。

墓場に車が突っ込み
電線に人がからまって
死んでいるので
自衛隊が
それをほどいて回収する、

避難所では、
赤ちゃんが泣くと
うるせぇ、
外に出しとけと
怒鳴られる、

外に出ると
雪が降っていて

その雪の上にテントを
しいて
ボランティアが泊まる、

僕は、そんな所に一週間いた、

僕は、
ボランティアを
こんなにガッツリやったのは、
初めてだった、

そして、自分にとって

ものすごい変わった瞬間でもあった。

人は、

自分のために生きる人。

他人のためにも
生きる人。

他人のために
生きる人。

が、いると思う。

僕は、絵本作家として
デビューした時、
自分をみてくれの
気持ちでいっぱいだった、
見てくれないとイヤになる、
話も一方的に
僕がしゃべり続け
見てくれ見てくれ
って感じ。

そこから売れなくなると
なんで見てくれないんだ、
と、落ち込み
うつやパニックになった、

それから、
子どもが産まれ
どうしても絵本が売れないなら
自分の子どものためにって
書いたのが
しんかんくんうちにくるだ

7年間売れなかったのに

他人のためにも
できる自分が産まれて
ようやく、
評価を少しずつ受けた。

そして、今年、
次の段階、

他人のために
一生懸命に生きる機会ができた。

そしたら
思いっきりなにかが変わった。

ボランティアって
ただの仕事。

ただの仕事をやると
お金じゃない
なにかがもらえる。

エッセイマンガ、
『上を向いて歩こう』は、

そのなにかについて
体験を経て書いた、

今、僕は、
子どもを喜ばせるなら
なんでもやろうと思ってる、

もし、子どもを
喜ばせられるなら
僕じゃなくても
いいと思ってる、

他人のために
生きるを
初めてまだまだ
ヒヨッコだけど

スゴい気持ちいい。

僕は、子どもを
喜ばせるために
生きるよ、

本とかで
知ったわけじゃなく
いいこと無理にいって
カッコつけてんじゃなく
心の底から、そう思う。

そのきっかけに
なった一週間を書いた
エッセイマンガ
『上を向いて歩こう』
を是非読んでください

めちゃくちゃいいから

Amazonで予約受付中です
スポンサーサイト

ケニアにマラソンの高橋尚子さんといく

ケニアに行くのが
もうあと4日に
せまってきた(^_^)v

27日の
夜7時から

羽田空港から
関西国際空港へ

関西国際空港から
カタールへ

カタールから
ケニアに

合計20時間かかる、

(この時期は、
夏休みだから
飛行機が満タンなため)

一週間
7月27~8月3日まで
行くんだけど

移動時間が多いらしい。

日本人クルー
20人と
セスナを二台を
チャーターして

ケニアのサファリや
マサイ族の村にも行く

↑EXILEウサさんも
いった場所だ。
(^_^)v

でも、基本的には、
キベラという
スラム地区にいる、

キベラは、
特に犯罪が多い地区。
貧困が
すさまじい地区でもある。
子どもが
どろぼうして生計を
立てている、

↑近くの
お金持ち近くや
海外旅行者を狙う、
もちろん、
そうしないと
生活がなりたたないため。
家族が
お腹をすかせて死んでしまうのと
どろぼうして
生き延びるのと
どちらが正義なんだろうか。
もちろんどろぼうは、
悪いよ

そこに
高橋尚子さんは、
今年三年目になる、

靴を持っていく
スマイルアフリカプロジェクトを
やりにいく、

↑靴がないから
感染症になって
病気になるため。

僕は、日本の子どもたちから
頂いた
オモチャを
ケニアのオモチャを
持ったことのない子に
サンタクロースの
カッコであげにいく、

(^_^)v

他にも
マラソン大会では、
高橋尚子さんと
一緒に走ったり

ワークショップを
ケニアの子どもたちを
集めて思いっきりやる、

高橋尚子さんとは、

『運動会で
いっとうしょうとりたい!』

って絵本を一緒に作り、
ケニアと日本で
2ヶ国語で出版する。

僕は、
子どもたちに
恩があると思ってる、

僕が生かされてるのは、
子どもが僕の作品を
見てくれたからだ、

だから、子どものことが
気になる、

世界の貧困の子どもたちを
一回ちゃんと見て

かわいそうとか
そんなんじゃなく
自分にやれることは、
なんなのか見てくるよ

日本では、
一生かけて
アンパンマンくらい人気のアニメを作って
そのグッズを作るのを
貧困の子どもに
手伝ってもらって
給料払うとか
いろいろ考えてる、

今回は、
ケニアの子を
思いっきり笑わせてくることが
使命!

(^_^)v

ガンバるよ
僕が今後どうなるか
みんな見といてね

(*^o^*)

この本スゴい

今日は、
連載、おててえほん、
ぼく、仮面ライダーになる!フォーゼ編の直し。
原画をやろう~

マザーテレサの
本を読んでる。
沖守弘さんって人なんだけど
マザーテレサとずっと
密着して見てるのね、
この本読んでると
本当にマザーテレサを
自分が近くで
見てるような気になる。

↑マザーテレサ
あふれる愛って本。

この本は、
ちょっと強烈な本で、
昔から持ってたんだけど
ちょっとずつしか
読めないんだ、

ただ単にパラパラと
読めないというか
言ってることを
理解するまで
ちょっと時間がかかるのだ。

でも、最後まで
読もうと
言葉を噛み締めながら
読んでる。

マザーテレサは、
いつもこの
お祈りをしていたそうだ、

私をあなたの
平和の道具として
お使いください

憎しみあるところに愛を
争いあるところに許しを
分裂あるところに一致を

絶望あるところに希望を
闇に光を

悲しみあるところに喜びを

理解されるよりは、
理解されることを
愛されるよりは
愛することを
わたしが求めますように
わたしたちは、

与えるから受け
許すから許され
自分を捨てて死に
永遠の命をいただくのですから。

この言葉、
なんか強烈な
感じだよな、

宗教のことは、
よくわかんないけど
マザーテレサって
ホントこんな
感じで生きてる、

それは、毎日
これをいっていたからだ。

理解されるより
理解することを
愛されるより
愛することを

僕は、疲れるとつい
自分のことばっかり
考えちゃうな、

もっと与える人に
なりたい、

それは、物とかお金じゃなく
気持ちなんだよ、

言葉で百回
愛してるよって
言うのもいいけど

そのうち半分
愛してるよって
行動や気持ちを
あらわすことを
したいなと思う、

僕は、
あなたが本当に
いい男だったら
なにしてもうまくいきますよと
言われたことがある。

あなたは、
本当にいい女かな。

いい男かな、

いい人ってのは、
どんな人だろう。


愛されるより
愛することを


さあ、今日も
元気に笑顔で感謝して
ガンバロウ!

ヤー
(*^o^*)

身近な人を安心させよう

今日は、
あたし、パパとけっこんする!
打ち合わせと
パスポートとりにいって
ケニアの子どもと遊ぶ用に
東急ハンズに行き、
どうぶつえほんの
文章を書き、
おててえほんの打ち合わせだ
o(^-^)o
ちゃんと
スケジュールを書いて、
移動中とか、
空いた時間になにするかも
決めている。

アンちゃんは、
只今、熱が出ていて
38℃

昨日は、39℃だったから
少し下がったけど
今日は、ゆっくりだね

日曜日にいとこと
遊んで楽しいと
ウキャーってなって
熱を出すパターンが
よくある、

エネルギーを出しすぎて
しまうのかな、
エネルギー出しすぎて
その間に
風邪菌が入ってきたらしく
昨日は、病院で
お薬もらった。
(^_^)v

最近、僕は、
いろんな仕事があって
ちょっと過酷な
仕事もあった時に
疲れた~とか
言ってたのね、

でも、よく考えると
疲れた~って
うちの奥さんに
言っても
なにもできないから
心配しかできないんだよね、

お医者さんだったり
健康に精通してる人だったら
こうしなさいと言うかも
知れないけど

心配するだけの人に

具合が悪いとか
疲れた、
眠いって言っても

心配されるだけなので。

だったら、
今日も気分いいよ
ごはん美味しいよ、
ありがとう、
ようちゃんのおかげで
元気だよって
いう方がいいよね、

例えばウソでも
そう身近な人に言ったら
1日の気分が全然違う。

女の人は、
安心することが
とても、いいみたいなんだ、

安心を求めて
生きてるみたいな感じ。

だから、安心する言葉を
言うと喜ぶんだ、

そして、安心する言葉を言うと
こっちも安心する。

ホントに倒れそうなら
病院行ってお医者さんに
見てもらったり
寝た方がいいけど

疲れた~って言って
それでも
まだやるって決めてる時は、

いつもありがとうね、
おかげでがんばれるよ、

元気に行ってきますと

言うと気持ちがいい。

o(^-^)o
さあ、
今日も身近な人を
安心させて
元気に感謝して
いこう、

笑顔も忘れずに、

笑顔だとか
そういう細部が
人の幸せを分けるよ、

笑顔笑顔で!

ヤー
(*^o^*)

宝物プロジェクト

今月末、
マラソンの高橋尚子さんと
ケニアに行く
高橋尚子さんは、毎年、
靴を持ってケニアに行く

ケニアのスラム街では、
靴がないために
感染症になる子が多いからだ、

僕は、ケニアの
子どもに
なにができるか
考えて、
日本の子どもたちにも
協力してもらおうかなと
思った

日本の子どもたちの
宝物は、なんといっても
オモチャ。
そのオモチャを
ケニアの子どもに
あげられないかなと。
オモチャをあげるとき
説明書をかいてもらう、
オレは、こういう
風に遊んだぞって。

かんたろうに、言ったら
案の定、
なんでだよ、
オレ絶対イヤ!
全部あげない

でも、ケニアの子どもは、
着るものもボロボロな服を
何度もきて、
狭い部屋に
12人とかすんでるのね、

お金も、ないから
泥棒する子も
たくさんいるんだよ、

鉛筆もノートもないの。
オモチャ、持ったことないんだよ、
お前、どんだけ
持ってんだよ、

そしたら、かんたろうが

オレ、これならあげていいって
オモチャくれた、

クレヨンとか
折り紙も何枚かくれた、

なんかちょっと感動した
嬉しかった。
(;_;)

オモチャをあげるって
ことは、
子どもにとって
スゴいことなんだなって
感じた、

ケニアの子どもたちは、
もちろん、
食料もノートと
鉛筆も足りない、

だけど全部
あげることは、
不可能だから、

↑高橋さんも靴にしぼってる。

僕は、宝物が
一つもてるのに注目した、

ケニアの子が
前にラグビーボールを
もらったことがあって
それをずっと抱きしめて
寝てるんだって。

僕は、子どもが
喜ぶことをしたいよ、

日本の子どもには、
大切なものを
あげるということ、

ケニアの子どもには、
宝物ができるということを
学んで欲しいと思った、

宝物プロジェクト。

今年は、少ししか
持っていけないけど
来年からは、
めちゃくちゃたくさん
持っていく予定。

↑船便だと1ヶ月半かかるため、
今回は、
小学校全員くらいしか持っていけない。

真夏にサンタのかっこして
オモチャをあげてくるよ、

(^_^)v

できたらフィリピンや
カンボジア、
インドでもやりたい。

このようすは、
BSで放送します

o(^-^)o

ちゃんと聞こう

さあ、今日も
全力でガンバロウ
(*^o^*)
のぶみさんは、
ぼく、仮面ライダーになる!フォーゼ編で
大忙し
そこへTSUTAYA夏の
のぶみフェアが入ってきて
色紙が段ボール2箱分届いた
さらに、おててえほんも
火曜日までに
書かなきゃいかん。

敵がたくさん一気に来たら、
細い路地に入って
一人ずつ倒していくしか
方法ないね(笑)

あとは、
一旦逃げて
どんなやつなのか
よく知ること。

(*^o^*)

どんな仕事で
なにを求められてるのか
どうすれば喜ぶのか。

それを知らないと
喜ばせることができない、

だから、
頭のいい、
よくできる人ほど
話を良く聞くような気がする、

聞いて聞いて
仕事した方が
うまくいく確率が高いんだ。

人に会った時もそう、
聞いて聞いて
誉めた方が
深く喜ばせられる、

逆に話を聞かないで
誉めると
外見だけしか
誉められない、

話を聞いて
スゴいこと考えてるな
そういうとこ好きだよって
言われる方が嬉しいじゃない、
(^_^)v

相手をしることは、

仕事もうまくいくし
子育てだってそう、

なになにちゃんが
なにしたから
怒ってぶったんだとか、

知ってるのと、

ただ急に怒ったのでは、
話が違う。

人には、たいてい理由があるのだ、

感情的になった時ほど
理由や話を聞く、

話を聞かないで
怒って
そうじゃないのよって
言われたらバカみたいじゃない。

(^_^)v

話を聞いて
相手を知る。

この人あり得ないと
思っても
良く見たら
自分と似てるとこがあるかもしれない、

僕は、絵本を作るときに
自分がどういうの
作りたいかは、
全くない。

まず、子どもが
どういうの読みたいか。

ママがどういうの読ませたいか。

それを知ってから
自分が
書きたいように書く。

仕事や
生活がうまくいかなかったら

なんで自分がそう思ったのか
知ること、

始めにちゃんと
相手がどういうのを
求めているか
細部まで知ること。

実は、仕事は、
ほとんどそこに
かかってるのだ。

それを無視して
勝手に自分でやろうとした時に
あれ?って感じになる。

ボールがあって
初めて
たまを打てるのだ、

どんなボールか
ちゃんと見よう、

それがわかれば
打ちやすいから。
(^_^)v

覚悟を。

昨日は、
NHK行ってから、
パスポートとりにいって、
劇団四季のアンデルセンを
見に行った、

(*^o^*)

のぶみ絵本塾の人を
今度から
一人ずつ
劇団四季に連れていこうかなと
思ってる。

初めは、
まあ、絵本作家として
デビューできるか、
できないかは、
そいつしだいだもんな~
と思ってたんだけど

12月で一度、
初めから来たひとは、
卒業!
って決めてから
なんかスイッチ入った。

この中で
二人は、
必ずデビューさせたいな
と思うようになった、

そのためには、
教えるのを
諦めないで、
これは、ダメ。
これは、いけそう、

をハッキリ言わなきゃ
ならないんだ、

人の人生に深く
突っ込まなきゃ
いけない。

僕は、そんなん
苦手でさ、

人は、人。
変えられないから
自分がどんどん
変わって、
その時に
人も変わると思ってたのね、

今でも、
自分の都合で
あの人嫌だから
変えたいとかは、
思わないけど、

変わりたい
デビューしたい
それが夢だ
ってやつには、

協力したいと思う。

(^_^)v

そういう人にも
なるべく優しくオブラートに包んで
話してたんだけど

もっとちゃんと、
しっかり言うように
しようと思う、

子どもに対しても
あんまり怒らないように
しようって
姿勢は、変えないつもりだけど

生き物を殺したり
ママにふざけてじゃなく
本気でひどい言葉を言ったり

筋通ってねぇじゃんは、
しっかり怒る、

めったにないけど。
(^_^;)

あとは、目を見て
伝える、
ワークショップでも
蹴ったりしてきたら
目をみて
『蹴ったらおれも
痛いよ、
わかるよな、
ごめんなさいは、
おまえちゃんと言える子か?』

って言う、

本気で言うと
子どもがピタッと
止まって
真剣に聞く、

チャラチャラして
逃げようとする子は、
外にでて
ちゃんと伝える。

優しいだけじゃ
人には、
伝わらないことがある、

ちゃんとこうしたら
やっぱりよくねぇよ
って
お行儀とか
そんな話じゃなく
思ったら僕は、言う。

それを初めてから
また、他の人と
近くなる
覚悟ができた気がする、

(^_^)v

あとは、基本的に
ふざけて、
エッチなことしか
言わないけどね(笑)

ちなみに
ぼく、仮面ライダーになる!
フォーゼ編
書きはじめてます

(*^o^*)

挑戦していこう

今から企画持ち込みに行く

(^_^)v

僕の夢の3つの
どれかの企画ね

僕は、緊張しいでさ、

でも、緊張するから
直前までなにか
考えるのかもしれない、

高校の時に
チーマーの総長やっててね、

その前にも
なんだかんだで
ケンカすることが
よくあったのね、

その時、
一番びびってたのが
僕。

怖いから
一番にやる。

そのあと殴られても
一番に走っていって
一番強いやつを
ぶん殴る。

ケンカ強いかどうかじゃないんだ、

気持ちが他の人より
座ってるかどうか。

好きな女の子ができた時もそう、

一点に集中する、

企画を通す時も

この商品間違いないから、

って自信持って、
提案する、

だけど、めちゃくちゃ
慎重にやる。

声のトーンとか
しゃべりすぎないようにとか

相手にも
しゃべらせるように話す、

企画持ち込みする時って

相手は、

君は、なに?
なにしにきたの?
採用されるかされないかは、
私たちしだいだからね、

みたいな感じがある、

だから、そこを
仲間にならないか
考える、

チーマーの総長って
言っても
僕が強かったわけじゃないのね、

ただ、いろんな
我の強いやつと
仲良くなるのが
得意だった。

それは、今でもそう。

俺が俺がって
いってるやつほど
意見が通らない、

でも、他の人の意見を
聞いて、
わかるよって
話聞いて
じっくりやるほうが
実は、
早く仲間になりやすいような気がする、

でも、
企画が通るか通らないかは、

やっぱり企画力と、
タイミングと
今、必要か必要じゃないか
だから、
今、ドキドキしてんだけどね

(・_・;)

だけど、
ただ、待ってるより
うまくいくか
うまくいかないか
わかんないより

結果がどうであれ、
先に進めることが嬉しい、

感謝と思う、

ころんだら立ち上がるし

走り抜けたら
めちゃくちゃ嬉しい、

僕は、
挑戦して生きていきたい、

生きてるって
感じるから。

(^_^)v

自分がどうみえるか気にならない

さあ、今日もガンバロウ

(*^o^*)
今週は、
ぼく、仮面ライダーになる!フォーゼ編のラフを
かかなきゃならん

しかも、劇団四季や
いっこく堂さんの
ライブにも行くし
おててえほんも
やらないと~
ケニア行くから
打ち合わせと
パスポートとりにいかないと~
o(^-^)o

今週もおお忙しで
動きまくる

なんでこんなに
動けるかと言うと、
ものすごい
怠け者だからだ(笑)

怠け者は、
ものすごいがんばれる可能性を
持ってるんだよ、

僕がよくガンバロウと
言うのは、
がんばらなきゃ
なにもしないからだ(笑)

ホントは、
ボーッと全くなにもしないで
寝てたりしたい。

( ̄∀ ̄)

だけど神さまは、
そんな時間の使い方は、
させたくないらしく。

バンバン僕を動かすのだ

人は、
二面性があるからね。

あの人嫌だな~
って思ったら
その逆の一面も
あるということ。

だから、あの人って
こうだよねって
決めつけない方がいい。

人っていろんな顔を
持って人なんだ。

クールな人ほど、
情に厚かったり、

逆に
おせっかいな人ほど
やけに冷めてる時もあり、

おしゃべりな人は、
淋しがりだったり、

無口の人は、
人が好きだったり。

紙と同じで
表と裏がある。

でも、どっちを見たかで
その人が決まる、

僕は、
自分がどう見えるかより
相手がどうしたら
喜ぶかなあって
ヘタクソながらに
考えていたい、

それが一番カッコいいやつなんじゃ
ないかなと思う、

相手を気持ちよくさせるために生きて
相手から
気持ちよくされて
幸せだと感じることが
最近増えた、

そうなると自分が
どう見えるか、は、
それほど
大事じゃない、

この人、
話聞いてくれそうだな、

暖かそうだなって人は、

優しく見えるよ

さあ、今日も
ガンバロウ
(*^o^*)

やれることを
やって、
目の前の人を大切に。

(^_^)v

感謝

感謝しよう

さあ、今日も
元気にガンバロウ

昨日、
新しい仮面ライダーの
放送開始が
9月からだとわかったので
急遽、
ぼく、仮面ライダーになる!
フォーゼ編の締め切りが
7月15日に
なってしまった、

このために
エッセイマンガ
『パパは、絵本作家』が
また、書けなくなる

もう、かなり
原稿待ってもらってる
(∋_∈)
ごめんなさいだ

そして、
7月末から
マラソンの高橋尚子さんと
ケニアへ。

そして、しかけ絵本を書いて
しんかんくんのクリスマス

あたし、パパとけっこんする!を
書く。

その間におててえほんや
連載も入ってくる、

オランダにも
行くかもしれん。

仕事で。

こんな状況になったのは、
正直初めて。

これ以上は、
どう考えても無理だから、

いろんな依頼は、
断らせて頂いてる

ボランティアの
依頼もめちゃくちゃ
多いんだけど、
この上ボランティアを
やってたら

本業の絵本が
うまくいかなくなる

東北ボランティア
エッセイマンガ
上を向いて歩こうの
印税は、寄付に
使うので
ちょっと他のボランティアは、
制限させてもらうので
よろしくお願いします

このスケジュールは、
ただなんとなく
できる感じじゃないから、

ちゃんと
毎日ノートで
今日なにをやればいいのかを
考えてやってる

たくさんやることは、
あるけど、

ホントにやれるのは、
今、この時だけなんだ。

山積みの仕事を
見て、
こんなの無理だよ~というより

一つ一つを
みていくことが
大事な気がする。

保育士の人も
前に言ってたな、

いっぺんに
全員を見ると
こんなに
子ども見れないよ~って思うけど

子どもは、
何人か集まって
子どもじゃなく
一人一人が
人間で、

感謝して見ないと
いけないんだよね、

(^_^)v

仕事がないときは、
どれほど仕事が
欲しかったか。

忙しいじゃなく

ありがとうと
感謝しよう、

ちょっと予定が
変わってしまった原稿の
担当には、

正直にスケジュールを言って、
いつならできますと
伝えて行こう

(^_^)v

やることは、たくさんあるけど
やれるのは、
目の前のことだけ。

会うひとは、
たくさんいるけど
話すのは、
目の前にいる人だけ。

目の前のこと、
目の前の人に
感謝しよう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。